保守点検・メンテナンス

施設内設備に異常が発生した場合、作業計画の未達成や遅延、設備全体の思わぬ故障やコスト拡大、業務への支障などさまざまなデメリットが発生します。

メンテナンス 盤
基盤 メンテナンス

異常・故障・事故になる前に整備点検

異常は故障になり、事故へと育ちます。

最適な稼働状態を保ち、お客様の期待に応えるためには定期的な保守・点検が必要です。

一定のコストが必要となりますが、予防保守を行う事により安全性の維持、故障や事故の未然防止、長期間の設備停止の予防に繋がります。

また、設備の使用可能年数延長にも繋がり、復旧コストの削減やエコノミー視点からも重要といえます。

最良な状況は、最大の作業効率に繋がる!

  • 常に機能を最大限に発揮した状況にて作業が可能
  • 作業に集中出来るため、異変にも早期対応で低コスト復旧
  • 修理・メンテナンス・定期点検でコスト削減

設備の使用可能年数が伸びるほど、稼働時間あたりのコストダウン

修理・メンテナンス・定期点検の対策を実施することで、設備が正常に稼動する時間を延命させることができます。
又、設備の正常稼動を維持することで修理・メンテナンスの時間と工数削減やライン停止による生産ロスの削減ができます。